お墓を購入するのは誰

慶光霊園

お墓を購入するのは誰

お墓を購入するのは、葬儀で喪主を務められた方がほとんどです。
故人の配偶者や、子、がそれにあたります。
また、ひとことに「子」と言っても、昔と違って長男である必要はありません。家族の合意があれば、次男や三男でも構わないでしょう。
また、自分で自身のお墓を建てる「寿陵墓」というものもあります。自身の健康や長寿を願うだけでなく、子供たちのために予めお墓を用意しておいてあげるという人もたくさんいるのです。
ここでは、お墓を購入するのは誰なのかについてまとめました。

1.お墓を購入するのは、いつ?

みなさんはどのタイミングでお墓を建てるべきものだと思いますか?
ほとんどの方は、葬儀を終えて、遺骨を埋葬する必要に迫られてから、と考えます。
お墓を建てるには、墓地を決めて、石碑の種類やデザインを決めて、工事をしてもらわなければなりません。
すぐにできるものではないのです。
ですから、1周忌や3回忌など、節目の法要にあわせて建墓される方が多いようです。

2.お墓を購入するのは、葬儀の喪主?

身内に不幸があって、葬儀をし、仏壇(あるいは位牌)を購入し、お墓を建てる。
こうした葬儀からはじまる一連の流れで、供養に必要な仏壇やお墓を取り揃えていくのですが、そうすると、施主(せしゅ:これらを購入して供養する主体)は必然的に葬儀のときの喪主になることがほとんどです。
故人の配偶者、あるいは子がこの役を担います。

3.旧民法では、長男が家督を承継した

旧民法では「家制度」があったために、家督の相続人が祭祀権も相続することが当然とされていました。そして明治時代では「長子相続」が採用されていたために、家の長男が、財産、ならびに仏壇や墓などの祭祀財産も相続しました。

4.現代の祭祀権は、長男でなくてもよい

現行民法では、祭祀承継者は「故人の第一子が努めること」などとはどこにも明記されていません。そのため、複数人の子がいたとしても、次男、三男などがお墓を購入していても構わないでしょう。

5.大切なのは、家族間の合意

現代はとても流動的な時代です。
生まれてから死ぬまでの間にどこにも引っ越す事なく同じ場所で生活し続ける事の方が珍しい時代です。
長男は都会に出ていて、次男は海外で永住していて、三男が親とともに暮らしている、というのも、決して珍しい話ではありません。
この場合、お墓を購入するのは三男であることに、誰も違和感を感じないでしょう。
法的には、祭祀財産の承継者はかなり自由度が高く認められています。
大切なのは、家族全員が、それに納得しているかに尽きるでしょう。

6.お墓の果たす3つの役割

さて、ここまでは、お墓が、葬儀後の一連の流れで建てるものとした場合の話です。
実は、お墓には3つの役割があるのだと、筆者は考えています。

  • A.死者の供養塔
  • B.生者の祈念塔
  • C.家系の象徴

Aの「死者の供養塔」というのは、先ほどから延べている通り、亡くなった人の遺骨の埋葬地としてのお墓の役割です。
亡くなった人の遺骨を土中に埋葬し、その上に堅牢な石塔を墓標として建てるというものです。
しかし、お墓は亡くなった人のためだけのものではありません。遺された私たちのためでもあるのです。
お墓参りに行くと、多くの人は、故人の冥福を祈るだけではなく、ご先祖様に近況報告や、お願いごとをしたりなんかします。たとえば…

日本の民俗では、死者は四十九日にホトケになり、ホトケは33年でカミになると考えられてきました。
私たちは死者とホトケとカミを繋ぎ合わせる死生観を持ち、ゆえにお墓は、故人の供養(故人を助ける)だけでなく、故人に祈る(助けられる)場でもあるのです。

そして肝心なことは、死者をホトケにして、カミにするには、子孫がいなくてはなし得ないということ。
家族の縦の連続性こそが必要不可欠で、その家系の象徴がお墓だと言えるのです。

7.自分で自分のお墓を建てる「寿陵墓」

ですから、身内に不幸がなくても自分のお墓を建てる方もいます。
それを「寿陵墓」と言います。
寿陵墓はとても縁起がよく、健康や長寿につながると言われています。
それは生きているうちに自分自身の仏塔、つまり仏の宿った自分だけの祈りの場を作る事でもあるからです。

8.結局、お墓を購入するのは誰なの?

葬儀後にお墓を購入する場合は、葬儀の喪主、あるいは墓守する子が購入するのがよいでしょう。
またそれ以外に、自分で自身のお墓を購入するという方法もあるのです。自分自身のために、子孫のために。

↑ PAGE TOP