お墓購入時のトラブル

慶光霊園

お墓購入時のトラブル

お墓を購入すること自体が、一生のうちに一度あるかないかのことです。
不慣れな上に高額なお買い物になってしまう建墓を巡っては、さまざまなトラブルを見聞きします。
しかも一言にトラブルと言っても、石材店とのトラブル、寺院とのトラブル、親族間のトラブルなど、それらの大半は、お墓や仏事などの慣習を巡っての情報量のなさが招いています。
このページをご覧の皆様が、少しでもよりよいお墓をつくることができますように、トラブルの事例と原因をまとめました。参考になれば幸いです。

1.石材店とのトラブル

〈石材店が指定されていた〉
墓地によっては石材店が指定されている事があります。
これは寺院墓地や民営墓地に多く見られます。
石材店が指定されている場合、複数他社との比較検討(いわゆる相見積もり)をすることができないために、価格、デザインなど、石材店主導で進んでしまいます。
魅力的な墓地だからといって契約を急がず、施工業者についてなど、事前の確認が求められます。

〈広告の価格と実際の見積もり金額が大きく異なる〉
よく広告などで「格安墓石」などのコピーが目に入りますが、その価格がどこまで含まれているのか、きちんと確認しましょう。
通常、お墓を建てるには、(1)石塔の費用、(2)外柵の費用、(3)工事費、(4)霊標や彫刻などのもろもろの雑費、が必要となるのですが、(2)や(3)は墓地の面積によって費用は大きく変わりますし、(4)も施主の希望によって異なります。そもそもチラシで価格を謳えるものではないわけです。 チラシで謳われているのは(1)の石塔の費用だけ、というのはよくある話です。
表示価格にどこまで含まれているのか、注意しましょう。

〈墓地を取得してから建立までに期限がある〉
墓地によっては、期限内にお墓を建立しないと権利が消滅する事もありますので気をつけましょう。

〈お墓の形が決められていて自由にデザインできなかった〉
予め区画面積が分かっている墓地の売り出しの場合には、墓地と墓石のセット販売をしていることが多くあります。
また、石碑のパターンを数種類に用意して、その中からデザインと石種を選ぶ方法を採用している所も多くあります。
お墓にこだわりのある方は、そうしたセット販売やカタログ販売ではなく、完全オーダーメイドでお墓を作りたい旨を伝えて、デザインなどの希望のお墓の図面を作成してもらいましょう。

2.お寺とのトラブル

〈葬儀を依頼しなかったために埋葬を拒否された〉
葬儀社が寺院を紹介するのが当たり前になった昨今ではよくある話なのですが、葬儀の供養と戒名を葬儀社紹介の寺院にしていただき、後日お墓のある寺院に出向いて遺骨を埋葬しようとすると、たいていトラブルになってしまいます。 これは、「菩提寺」と「檀家」という関係を知らなかったために起こるトラブルなのです。
菩提寺とはその家の先祖や死者供養を専属的に行うお寺のことです。
お墓がどこか別の墓地にあり、境内での埋葬がなければまだしもいいのですが、寺院墓地に埋葬しようとすると、いやでもそのお寺に出向かなくてはなりません。
お寺にとって、寺院墓地はあくまでも檀家のためのものであり、別のお寺に葬儀の供養と戒名を授かるとは言語同断だと考えます。
こうしたトラブルは、菩提寺側、檀家側それぞれの言い分も間違ってはおらず、普段のコミュニケーション不足に原因があります。
葬儀を行う前から、自分たちには付き合いのあるお寺があるか、お墓はどこにあるかを確認しておくことが賢明です。

3.家族間のトラブル

〈親族間の同意はとれているか?〉
相続財産は法定相続人で分割されるのですが、祭祀財産(仏壇やお墓など)は分割されずに、誰か1人に承継されます。
墓守は、家族の中で誰かが代表して行わなければならないのですが、先祖を供養する権利は誰にだってあります。
施主が自分の思うままに墓地を取得してお墓を建てるのではなく、ある程度、家族や親族の土同意を、せめて連絡だけでもしておくのがよいでしょう。

↑ PAGE TOP