永代供養の位牌

慶光霊園

永代供養の位牌

【位牌は、故人様やご先祖様そのもの】
位牌とは、故人様やご先祖様の名前などを記して礼拝する木の板のことです。
表面には寺院からいただいた戒名や故人の命日が記され、裏面には俗名(故人の生前の名前)や年齢などが記されます。
位牌は仏壇の中に安置します。
亡くなった方は位牌の中にいると考えられています。
これらを「依代(よりしろ)」呼びます。位牌は故人様、ご先祖様の依代、つまり、位牌は故人様ご先祖様そのものなのです。
昔から、火事にあっても位牌だけは持って逃げろと言われているのは、位牌がご先祖様そのものだからです。そのため、仏具の中でもとても大切なものとして扱われています。

【仏壇は、仏さまとご先祖様を祀るもの】
仏壇は、その家の菩提寺が礼拝する仏さま、つまりご本尊を祀り、そしてご先祖様である位牌を祀るものです。
まずなによりも、各宗派が定めるそれぞれのご本尊を祀ります。たとえば、真言宗であれば大日如来、浄土宗であれば阿弥陀如来、といった具合です。
上段にご本尊(仏像や掛け軸)を祀り、そして2段目にご先祖様(位牌)を祀る、というのが仏壇の基本構造なのです。

手元の位牌はどうすればいいの?

【ご本尊はお寺にもいるが、ご先祖様に代替はない】
永代供養を寺院にお願いするということは必然的に仏壇が、そして位牌が不要になるということです。
なぜなら、家族の方ができない供養を寺院にお願いするからです。
仏壇にはご本尊とご先祖様がいるとさきほど触れました。
しかし、ご本尊は、寺院にもいます。
たとえば、浄土宗〇〇寺の檀家は浄土宗のご本尊である阿弥陀如来を仏壇に祀ります。
そして同様に、〇〇寺の本堂にも阿弥陀如来は祀られています。
阿弥陀如来は、寺院にも、仏壇にもいることになるのです。
永代供養をすることにして、仏壇を処分したとしても、仏壇の中にいた阿弥陀如来の代わりに、寺院の阿弥陀如来がこれからは私たちを守ってくれます。
ですから、仏壇の処分と一緒にご本尊(仏像や掛け軸)も処分します。
ところが、位牌はそうはいきません。なぜならご先祖様は固有のものです。代替はどこにもないのです。ですから仏壇と一緒に位牌を処分するわけにはいかないのです。

【位牌は寺院に預けましょう】
仏さまは共有のもの。ご先祖様は固有のもの。
ですから、位牌は寺院に預けて、永代に渡って供養してもらいましょう。
本堂や位牌堂に並べてもらい、寺院の住職によって供養してもらうのです。

↑ PAGE TOP